Social わにえいご vol.19

英語を使って、みんなで興味のあることを語り合い、つながる場。Socialわにえいご。
 
今回、みんなで観るテーマ映像は、「Why I’m done trying to be “man enough”(何故ぼくは、男らしくあろうとすることをやめたか?)」です。
社会が大きく変わろうとしている今の時代、これまでの「男らしさ」「女らしさ」の価値観からの解放が大切だと感じます。「強さとは?弱さとは?」「これからの男の役割、女の役割とは?」など、みんなで語ってみたいと思います。日本語字幕もあるので、安心してご参加ください。
 
「Social わにえいご」とは?
 
英語を使って、みんなで興味のあることを語り合い、つながる場。
環境、食、コミュニティ、教育などについて、食べながら、飲みながら英語で語り合う場。『Socialわにえいご』
 
英語が流暢に話せる必要は全くありません。
英語を使って、自分の考えを伝えることにチャレンジしていきたい方。
みなで、助け合いながら、一緒に英語のコミュニケーションの練習をしていきましょう。
 
わにえいごでは、
食べながら、飲みながら、
ゆるやかな雰囲気で、会を進めていきます。
 
食べる方は1品持ち寄りでお願いします。
わにに、「蒸しせいろ」器があるので、
野菜などをお持ちいただくと、蒸すことができます。
(近所にコープや、八百屋、魚屋などもあります)
 
お酒など飲みたい人は、飲むものも持ち寄ってくださいませ。
(お茶は、わにで用意します)
 
 
◎Socialわにえいごについて
 
ヨガをしている人や、ソーシャル活動をしている人は、
英語を使う機会がわりと多く、
英語を上達させたいと思っている人が多いので、
 
みんなで英語を学んだり、
みんなが英語を使えるような機会を提供できたらいいなと思い、
 
環境、食、コミュニティ、教育などについて、
お茶を飲みながら英語で語り合う
『Social わにえいご』という会を始めました。
 
「ぬん」と、ぬんの英会話の先生である「まつもとりエコ」の2人で開催しています。
 
このイベントは、英語中級レベル以上の人が対象で、
英語を全く話せない人や、
リスニングをあまりできない人だと、
ちょっとむずかしいかもしれません。
 
基本的には、英語で会話を進めていくので、
(必要に応じて通訳が入りますが)、
そのような場を楽しめる人、
もしくはチャレンジしたい人向けになります。
 
とは言え、英語のプロフェッショナル向けではありません。
英語学習を向上させたい人の集まりです。
流暢(りゅうちょう)にしゃべれる必要はありません。
 
みんな、英語のスキル不足で、伝えきれないもどかしさを抱えつつも、なんとか伝え合い、つながり合う、温かい時間となっています。
 
 
英語に自信が持てない人も、よりチャレンジしやすくなるように、
 
・間違いを許し合う。祝福し合う。
・言葉で伝えきれなくてもつながり合う。
 
をコンセプトに、
 
みんなが英語を使い、
英語学習のモチベーションを高め合える場にしていきたいなと思います。
 
興味ある人、ぜひぜひ、ご一緒しましょう!
 
 
◆具体的な流れ
 
1.Let’s Eat
まずは、持ち寄りご飯を広げて、いただきます。もしくは乾杯!
 
2.Check in
ひとつの輪になり、英語で自己紹介したり、最近の関心事やマイブームを話したり、それぞれが1~2分ほどのスピーチ。
 
3.Today’s topic
その日のテーマ動画(TEDなどの映像)をみんなで観る。日本語の字幕付きで観て、内容をしっかり理解。
その後、3人ほどの小グループに分かれて、感想や意見を話し合う時間。そして、ひとつの輪に戻って、全体シェアリング。
 
4.Free Talk
自由に英語で歓談したり、何かのテーマについてみんなで話したり。
 
5.Check out
感想や、さいごのひとことシェアを英語で。
 
6.日本語タイム
21時になったら、日本語解禁!
伝えきれなかったことを日本語で話したり、みんな自由にしゃべってつながる時間。(21時半に片付け開始、22時までには退室。先に帰るのもOKです)
 
 
◆ルール
 
・Be a good listener.
よきリスナーになること
 
・Celeblate any mistake.
お互いの間違いや未熟さを、受け入れ合い、祝福し合うこと。
 
・一歩出る、または、一歩引く。
しゃべりすぎる人はちょっと遠慮し、引っ込みすぎる人はがんばって話し、みんなが均等に話せる場を目指す。
 
・相手が話し終わってから発言する。割り込みはしない。
 
・原則、すべて英語で会話をする。
ただし、単語を知らない場合は、日本語の単語まじりでOK。(完璧な英語を目指さないこと)
内容を理解できず、ついていけなくなった場合は、「I’m lost」の旗を挙げて、誰かに英語か日本語で説明してもらう。
 
 
◆参加費
¥1000(お茶付き)
 
◆持ち物
ご飯を食べる人は、何か一品、食べる物を持参してください。
飲む人は、お酒なども持ち寄りでお願いします。
(お茶は、わにで用意します)
 
食べるものは、調理したものをお持ちいただいてもいいですし、わにに「蒸しせいろ」器があるので、野菜、肉、魚など、卓上でかんたんに蒸すことができます。
なので、野菜を1つ持ってくるとかでもOKです。
 
しょうゆ、塩、ごま油などがわにに置いてありますが、その他、つけたいタレありましたらお持ち寄りください。
 
※それぞれが、ちょうど自分が食べるぐらいの量を持ち寄ると、全体でちょうどよくなります。
※箸、皿、コップは、わににあるので、お持ちいただかなくてOKです。
※まな板と包丁、ワインオープナーもあります。
 
◆場所
spaceわに
http://spacewani.com/

・JR 元町駅(東口)より、鯉川筋を山側へ、徒歩10分。
・阪急 三宮駅(西口)より、徒歩12分。
・地下鉄 県庁前駅(東1または西1出口より、徒歩8分。

元町駅から、まっすぐ山側へ徒歩10分です。
鯉川筋突き当たりのコープから、さらに細い道を北上。
次の交差点の手前、右側のこげ茶の建物です。
(セブンイレブンと、郵便局を超え、ポロニア美容室の向い)

看板が小さく、暗く、入口がわかりにくいので、ご注意ください。
ガレージを奥に進んだところに、入口の扉があります。

ぜひぜひ、ご参加をお待ちしております。
 
◆参加申込
ぬんまでご連絡いただくか、
facebookページの参加するボタンを押してください。
 

【ぬんより、このイベントについて】
 
ぼく自身は、2008年に断食したときに、何かしようと思い立って英語を勉強し始め、今では、英語で仕事をしたりできるようになりましたが、ここまで英語が上達できたのは、「りエコ先生」の影響も大きかったです。
 
ぼくは、2009年の正月に、マンツーマンの英語レッスンを始めようと思い立ち、インターネットで、自分と興味が合いそうな先生を探して、たどりついたのが「りエコ先生」でした。
 
りエコ先生は、「リ ECO(エコに戻る)」とも名乗るように、エコロジー(地球環境)や、自然に興味がある人で、
 
お互いに、興味があることが似ていたので、英語のレッスンの中で、健康について、ヨガや瞑想について話したり、地球環境について話したり、食について話したり、学びについて、教育について話したり、
 
始めの頃は、あまり上手にしゃべれませんでしが、毎回、おもしろい話題に、熱く盛り上がり、お互いに、情報を交換し合い、英語を学び続けるモチベーションになってきました。
 
りエコ先生は、心理ワークや、モチベーション管理なども勉強しているので、ぼくは、この8年間、りエコ先生から英語を学ぶとともに、自分の人生のコーチをしてもらっているようでした。
 
話を聞いてもらう中で、自分の進みたい道や、やるべきことが明確になり、勇気を与えてもらい、会社をやめて、今にいたるまで、ずっと見守ってもらっているように感じます。
 
そんなりエコ先生とともに、さらに、同じような興味を持つ人たちを巻き込み、英語を使って、盛り上がり、ゆるくつながれる場を作りたいねという話になり、今回の催しを試してみることになりました。
興味ある方、ぜひぜひ、ご一緒しましょう。
 
 
◆ECO(まつもとりエコ)プロフィール
 
英語だけを教えない英会話講師
「英語の楽しさ再発見」ナビゲーター
https://ecola.jimdo.com/
No tags for this post.

 

 

spaceわにとは?
spaceわにとは?

 

 

わにアクセス情報

〒650-0004
神戸市中央区中山手通3-15-11 2階 spaceわに

・JR 元町駅より、徒歩10分
・阪急 三宮駅より、徒歩12分
・神戸市営地下鉄 県庁前駅より、徒歩8分

詳細はアクセスページをご参照ください。